【ウラチェックレビュー】Caseology iPhone 14 Pro 用 ケース MagSafe対応(ケーソロジー)|ツートンカラーが特長のMagSafe対応シリコンケースの紹介

ツートンカラーが特長のMagSafe対応シリコンケースの紹介【PR】

シリコン素材を採用した保護ケース

iPhone 14シリーズは、すべてのモデルで引き続きMagSafeが搭載されているので、iPhone 11以前から機種変更をした人にはMagSafeは初体験の機器かと思います。

使い慣れるとLightningケーブルの充電が煩わしくなったり、ワイヤレス充電もついつい充電位置のズレがあり、充電されていなかったりと、さまざまなトラブルはあります。

Caseology iPhone 14 Pro 用 ケース MagSafe対応は、MagSafeの機能が使えるようになっている保護ケースです。

iPhone自体の磁力では、ケースを装着すると磁力が弱くなってしまうので、ケース自体にMagSafeの機能を搭載しているのが望ましくなります。

独特なツートンカラー

Caseologyには定番のシリーズとして「ナノポップ」というシリーズがあり、2色のカラー配色を施したケースがあります。

アボグリーン・バーガンディビーン・ブラックセサミ・ブルーベリーネイビーの4色があり、いずれも絶妙な配色となっています。

差し色が特徴的なところがナノポップシリーズの良いところであり、フォーマルでもカジュアルでも違和感のないデザインとなっています。

ケースを取り外したときに内部のビビットなカラーが見えますが、普段はケースから取り外さないので、目立つことがありません。

MagSafeに対応

MagSafeに対応していることで、MagSafe充電器はカードホルダーなど、様々なアクセサリを使えます。

特にMagSafe型スマートフォンリングは自由に取り外しができるので、充電するときと持ち歩くときによって、アクセサリを変えることもできるので、用途によってMagSafeを使い分けられるところが便利なところです。

透明ケースと異なり、MagSafe特有の丸いデザインも背面からは見えないので、スマートな印象でiPhoneを使えます。

独自の「アンチダストコーティング」機能

近年のスマートフォンケースは、透明のハイブリッドケースが好まれており、一時期と比べてシリコンケースの種類は減っていますが、Apple純正の保護ケースでも、透明ケースとレザーケースとシリコンケースは毎回用意されています。

Apple自体もケースの素材としてシリコンケースを用意しているだけあり、やはり、素材の加工方法をしっかりとしていれば、十分に使いやすいケースとも言えます。

一昔前のシリコンケースとは違い、コーティングと柔軟性がしっかりしているので、持ちやすく使いやすいケースかと思います。

シリコンは整形しやすいところもあり、側面には、グリップがよくなるように、滑り止めのデザインがされています。

カメラホールや側面もデザイン

スクリーン面やカメラホールは、机においたときに、iPhoneが接地しないようにデザインされており、保護という観点からもしっかりデザインされています。

側面のボタンの押し感も、ケースを装着していながらも、誤動作もなく、使いやすいボタンとなっています。

シリコンケースとなっているので、背面部分は柔軟性があり取り外ししやすいケースです。

まとめ

★★★★★

個性的な2色の配色デザインのシリコンケースです。シリコン自体は固めに成形されているので、装着感も良く、ひと昔のシリコンケースのように、使用しているとシリコンが伸びてきてしまうこともほぼありません。

MagSafe関連のアクセサリも併用できるので、利便性と個性的な点が融合した定番としやすいケースです。

公式サイト

オンラインストア

最新情報をチェックしよう

レビューの最新記事