【ウラチェックレビュー】Caseology ナノポップカードケース(ケーソロジー)|収納しやすく取り出しやすいMagSafe対応カードホルダの紹介

収納しやすく取り出しやすいMagSafe対応カードホルダの紹介【PR】

独特な配色のカードケース

12にが搭載されて以降、だけでなく、さまざまな周辺機器が用意され、MagSafeを利用した製品の便利さが注目されてきています。

ナノポップカードケースは、ブランドのラインナップとしてMagSafeと連係して使えるカードケースです。

ナノポップシリーズの特徴的な配色がこだわりを感じるところがあり、純正のカードケースよりも見た目も使いやすさも優れた感じがあります。

カードは2枚まで収納可能

カードケースには、プラスチックのカードが2枚程度入るようになっており、社員証や定期券などを入れておくのに向いています。

手帳型のケースで多数のカードを収納している人もいますが、MagSafeで脱着がしやすいカードケースとなるので、いちいち取り出す必要があった手帳型ケースと異なりMagSafeから取り外して、片手で内部のカードを取り出せる便利さがあります。

MagSafeの脱着が手軽なので、iPhoneに取り付けなくとも、普通のカードケースとしても使えます。

ホール等があればさらに便利だった気もしますが、今後の新製品でそういう機能が付くかもしれません。(※個人的な希望です。)

取り出しやすさを考えたデザイン

取り出しやすさも考えられており背面のホールとカードスロット下部の開口部から、中に入れたカードを取り出しやすいようなデザインとなっています。

Apple純正のカードホルダーと決定的に異なる点となり、取り出しやすさがある反面、見た目的なところで言えば、ちょっとカードの色によっては不格好な感じにもなってしまいます。

ヴィーガンレザー素材を採用

素材はヴィーガンレザーを使っており、天然レザーとは風合いが異なりますが、濡れたり汚れたりしても、さほど劣化したりシミになったりすることは少ないです。

ナノポップカードケースを単体でも使用ができるので、会社の入館証などを入れて使用するのは良いかと思います。

ヴィーガンレザー素材という風合いを考えると、名刺入れとしても良いかもしれません。

背面には遮蔽機能が搭載

MagSafeは磁気により接地する機能ではありますが、カードケース内部には磁気の影響を抑える加工がされており、磁気カードのデータ破損が起こらないようになっています。

ただし、非接触型のカードの利用の場合でも、カードを一旦取り出す必要があり、この点の煩わしさはあります。

多少使い方を考えてしまうところがありますが、MagSafeにより、持ち運びが手軽になっているので、持ち運びの利便性を優先して考えたいところです。

まとめ

★★★★★

手帳型ではないiPhoneケース等でもカードの収納が可能なケースホルダです。こだわり感のある5色のカラーバリエーションがあるので、iPhoneケースのカラーの相性から好きなカラーを選ぶと良いです。

また、カードケース単体で使う方法もあるかと思いますので、工夫した使い方を考えるのも良いかと思います。

公式サイト

オンラインストア

最新情報をチェックしよう

レビューの最新記事