【ウラチェックレビュー】CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャー マグネット ワイヤレス充電器(シーアイオー)|AppleWatchの充電とMagSafeの充電ができるワイヤレスチャージャーの紹介

MagSafe対応のワイヤレスチャージャー

iPhone12シリーズからワイヤレス充電の機能が変わり、マグネットでを吸着できるが採用されました。そのため一般的なワイヤレス充電器よりも使いやすくなり、充電ができていなかったということも少なくなりました。

ハイブリッドワイヤレスチャージャーは、MagSafeと同等にマグネット吸着のできる使いやすい充電器です。

純正のMagSafe充電器と異なり、ケーブルの取り外しができるので、が断線した場合でもケーブルを付け替えれば使い続けられる点はApple純正にはない便利な点です。

Watchの充電も可能

Apple純正のMagSafe充電器は、 Watchの充電ができませんでしたが、本製品では、の充電も可能となっています。

とApple Watchの充電が可能なので、わざわざApple Watchの充電器を用意することもないので、旅行や出張の際に余計な荷物を増やさずに済みます。

ソロループやブレイデッドソロループを使っている場合は設置が多少面倒ですが、特に向きを気にしなければ、そのまま充電させられるので、あまり気にする必要もありません。

スタンド機能付

iPhoneを充電しながら、SNSやブラウジング、動画鑑賞をすることも多いと思いますが、本充電器は機能が装備されいるので、便利に活用ができます。

難点は、ケーブルの取り回しの都合があり、スタンドを使う時には注意が必要です。

充電機能は、 Watchが2.5W、iPhoneは7.5W

充電機能は、Apple純正のMagSafe充電器よりも出力が弱いので、MagSafe特有の高速充電はできません。

ただし、さほど高速充電が必要となるシーンも少ないので、あまり気にする必要はありません。

Apple Watchが充電できるメリットが非常に大きく、出張や旅行の際の充電スタンドとして便利です。

注意点もあり

当然ながら、iPhoneとApple Watchは同時に充電ができないので、どちらを充電しておくか考えて使う必要があります。

一切のアタッチメントが必要ではないので、気軽に充電器にデバイスを設置すれば良く、充電するために設置する程度であれば、向きや角度は特に気にする必要はありません。

また、ソフトウェア・アップデートをした場合にOSのバージョンによりApple Watchの充電ができなくなる場合があるそうです。詳しくは公式サイトの情報を確認するとよいです。

CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャー マグネット ワイヤレス充電器

まとめ

★★★★☆

MagSafe対応のiPhoneとApple Watchが充電できる点はかなり便利であり、旅行や出張に持って行くのにオススメの充電器です。

-Cケーブルの取り外しもできるので、ケーブル断線で使えなくなってもケーブルの付け替えで使い続けられる点も便利なところです。

難点はスタンド機能に向きがあるのでケーブルの取り回しを気にしなければならないところです。

公式サイト

CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャー マグネット ワイヤレス充電器

オンラインストア

最新情報をチェックしよう

レビューの最新記事