ウラチェックレビュー

【ウラチェックレビュー】 PITAKA MagEZ Folio 2 for iPad Pro(ピタカ)|スタンド機能が秀逸なiPad Pro用スマートフォリオの紹介

  • URLをコピーしました!

【補足】この記事のリンクには、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

目次

機能が秀逸な Pro用スマートフォリオの紹介【PR】

iPadを挟み込んで使うスマートフォリオ

iPad Proはサイズが大きいこともあり、持ち運びにはさまざまな工夫が必要になります。

保護を使わずに持ち運ぶのは大きさの問題もあり、できれば保護ケースの併用が良いですが、一回り大きくなることもあり、かなりかさばる印象があります。

MagEZ Folio 2 for iPad Proは、純正のフォリオのようにiPadを挟み込むだけのシンプルなフォリオカバーです。

ちょうどブックカバーのような印象もあり、保護機能と軽量さを兼ね備えた良さがあります。

iPad自体にはマグネットが多数埋め込まれているので、嵌め込んで使うケースとは異なり、iPadのマグネットだけでしっかりと装着できる便利さがあります。

対応機種は、iPad Pro 12.9インチ(第3世代)以降となります。MagEZ Case Proとの併用も可能となっています。

また、iPad Pro 11インチ用のフォリオカバーも用意されており、こちらは、iPad Pro 11インチ(第1世代以降)と(第4世代以降)で使えます。

なお、一部のiPadではカメラホールが大きく開口した印象となります。本は、iPad Pro 12.9インチ(第3世代)でレビューをしています。

プレミアムPUレザーの筐体

フォリオカバー自体は、プレミアムPUレザーを採用しており、傷や汚れに強い素材を使っています。

厚さも2.3mmという薄さであり、保護ケースをを使うよりも薄く軽く使えます。

カラーはホワイトとブラックが用意されており、非常にシンプルにiPadをコーディネートできます。

PITAKAロゴがデボス加工で刻印されていますが、主張しないさりげないデザインなのも好印象です。

横向きや縦向きに使用可能なスタンド

最も特長的なのは、フラップ部分を織り込むことでスタンドとして使用ができ、Apple純正のスマートフォリオよりも一味違う使い方ができます。

Apple純正のフォリオカバーでは、横向きに立てることしかできませんが、本製品は、三角形に折りたたむ構造で、縦にも横にも立てられます。

iPadの使い方により角度や向きを変えて使える点が非常に使いやすいところになります。折り方自体は製品の保護用紙に印刷されているので、わかりやすく説明されています。

オートスリープ対応

フォリオカバー自体にはiPadのオートスリープに対応した仕様となっており、閉じて持ち運ぶ時に無駄にを消費することも少なくなります。

フラップを閉じるとスリープとなるので、FaceID等でロックしておけばセキュリティ面の心配もありません。

の充電も可能

iPad Proは画面が大きいこともあり、スケッチにApple Pencilを使うことも多いため、Apple PencilをiPadと一緒に持ち運びやすいようになっています。

フラップ部分をしっかりと閉じるということと、Apple Pencilを保持するという2つの機能を備えたタブも付いており、シンプルなデザインながら、機能性も良いです。

純正のスマートフォリオと異なり、iPad Proよりもちょっと大きめのサイズとなっているところも特長でiPadの縁部分をさりげなく保護しつつ、Apple Pencilもマグネット部分からズレにくくするように保持できているところは、絶妙なデザイン性が宿っている所にもなります。

まとめ

★★★★★

Apple純正 Smart Folioにはない折り方で、縦でも横でも使いやすい保護スマートフォリオです。

挟み込むことだけの保護フォリオとなり、側面の保護には不安感もありますが、実際にはさほど気にすることもなく、保護機能が考えられているので、コストパフォーマンス的に良いスマートフォリオです。

公式サイト

オンラインストア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次