ウラチェックレビュー

【ウラチェックレビュー】PITAKA Power Dongle for Apple Watch(ピタカ)|Apple Watchが充電できるコンパクトなスケルトン型充電器の紹介

  • URLをコピーしました!

【補足】この記事のリンクには、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

目次

が充電できるコンパクトなスケルトン型の紹介【PR】

内部の見える透明な筐体

Watchは、SEやseries 8やUltraなど多数の種類が用意されており、スマートウォッチの中では世界的に最も多いシェアのあ

る機器です。特にApple Watch SEは、入門機として使いやすいため、最近では多くの人が使用していることに気が付きます。男女問わず、ユニセックスなデザインも良く、との連携が強いので、使うメリットが非常に高いスマートウォッチかと思います。

ただし、iPhoneのように、ではできず、専用のが必要でもあるので、意外と充電に困ることも多いです。

Power Dongle for Apple Watchは、Apple Watchの一番の悩みでもある充電が行える充電器です。

サイズは薄い消しゴムくらいのサイズであり、持ち運びにも邪魔にならず、常に持っておけるサイズです。

見た目的にもグラファイトカラーのポリカーボネートで、MacBookや-Cポートに挿して、すぐに充電が行えます。背面のさりげないロゴも良いです。

ポートにつなげるだけですぐにApple Watchの充電が可能

機構は非常に単純なところがあり、ポートを外し、そのまま-Cポートに挿すだけで充電ができるようになります。

MacBookに挿して使うシーンが一番多いのかと思います。でも使えるので、Apple純正充電器よりもスマートに持ち運びができます。

難点を言えば、隣のポートが使えなくなることが起こるので、接続場所は考える必要があります。

MFi認証済み

Appleの認証でもある「MFi認証」済みではあるので、今後、Apple Watchを買い替えたり、watchOSを更新しても、使えなくなることはありません。

「MFi認証」のApple Watch充電器は意外と少なく、購入する人もあまり気にしていないところはありますが、Apple Watch series 7のときに導入された高速充電に正しく充電が行われないこともあり、今後もwatchOSや機種が新しくなった時に充電できなくなる場合もあります。

そういった意味では「MFi認証」の充電器であれば、そのような心配はなくなります。

端子を保護するカバーはマグネット式

充電する際にはポートを保護している蓋を取り外して使います蓋部分はマグネットで吸着しているので、簡単に取り外せて、簡単に取り付けができます。

問題点は取り外している時に、保管しておく場所がないので、無くしてしまわないような場所に置いておく必要があります。

一応充電器の反対側に取り付けはできますが、ちょっと心許ない気もします。マグネットで取り付け取り外しができる点は使っていて非常に心地が良いです。

Pro(第2世代)も充電可能

Pro(第2世代)は、通常のワイヤレス充電器の他に、やApple Watchの充電器で充電できるようになっており、本製品での充電も可能です。

今までは、Apple Watch専用の充電器の印象が強かったところはありますが、AirPods Pro(第2世代)も充電できるので、活用の幅が広がったように思います。

まとめ

★★★★☆

Apple Watchが充電できる「MFi認証」の充電器です。今後のバージョンアップでも使用できる認証済みなので、末長く使用ができます。

難点は、充電中に蓋の収納場所がないので、なくさないように気をつけないといけないところです。

公式サイト

オンラインストア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次