【ウラチェックレビュー】Spigen MagSafe対応 リング マグネット式スマホリング(シュピゲン)|MagSafeに対応したマグネット型のスマートフォンリングの紹介

MagSafeに対応したマグネット型のスマートフォンリングの紹介【PR】

MagSafeで使用できるスマートフォンリング

がiPhone12より採用となり、2022年11月現在での現行の中では、(第3世代)以外では、MagSafeが利用できます。

便利な点は、マグネットで脱着できるので、両面テープでの貼り直しが不要なので、長期間使い続けられる点が良いです。

また、iPhone以外でも、マグネットに貼り付けられれば、壁のフックやアンドロイドスマートフォンでも活用できるかと思います。

MagSafe対応 リング マグネット式スマホリングは、カーボン調の表面にデザインされた独特なデザインのMagSafeリングです。

マグネットの強度も十分であり、取り付けの際には特に違和感なく自然に装着できます。

ただし、保護を併用している場合は、MagSafe対応のケースを使用することをおすすめします。

取り外しの際には自体を横にスライドするようにズラすと取り外ししやすいです。カラーも4色用意されており、ブラック・ホワイト・ブルーが用意されています。

カーボン調のデザイン

4色用意されたカラーのうち、1色のみカーボン調にデザインされており、他のデザインとは高級感があります。

iPhoneのカラーや保護ケースのカラーによって選ぶと良いです。

マグネットで吸着する面には、特殊シリコンコーティングがされているので、iPhoneや保護ケースを傷つけにくいようにデザインされています。

360度回転 & 自由な角度調節

リング部分は、360度に回転でき、引き出したリングの角度も無段階で調整できます。

スマートフォンリング自体は円形となっているので、貼り付け位置を回転することも可能です。

スマートフォンリングを活用していた人には、いままで以上に快適な位置でリングを調整できるのが良いです。

独特なデザインとなっているため、リングの持ち手が円形のエッジに干渉するので、180度に開いてしまい使いづらくなってしまうことも少ないです。

スマートフォンスタンドとしても利用可能

スマートフォンとしても利用できるようにリングの形状の一部がまっすぐになっており、安定したスタンドとしてぐらつかずに利用ができます。

リングの回転や引き出し強度もある程度しっかりしているので、適切な角度でスタンド利用ができます。

縦向きでも横向きでもスタンドとして使えますが、位置の関係上、やはり縦向きでの使用は角度の自由度が多少低いところは仕方のないところです。

若干厚めの筐体ですが、安定感アリ

非常に使いやすいスマートフォンリングですが、若干厚みがあり、この点は多少気になりますが、この厚みが逆に安定感を保っているので、一般的なスマートフォンリングよりも使いやすい印象です。

リングを使用していないときの見た目が格好良く、巨大なカメラレンズのように見えますが、むしろこの独特なデザインが、魅力です。

また、iPhone以外でも、マグネットに貼り付けられれば、壁のフックやアンドロイドスマートフォンでも活用できるかと思います。

今後登場するiPhoneでもMagSafeは採用され続けると思われるので、1つ持っておけば、機種変更をしても、使い続けられるのも良い点です。

まとめ

★★★★☆

カーボン調のデザインでMagSafe対応機器に手軽に装着できるスマートフォンリングです。

リングの取り出しやすさも考えられており、すぐにリングを引き出せます。スタンド機能としても使うことができ、ワイヤレス充電やMagSafe充電器への接続も、かんたんに MagSafe対応 リング マグネット式スマホリングを取り外せるので、機能的かつデザイン性の良いMagSafeリングです。

公式サイト

オンラインストア

最新情報をチェックしよう

レビューの最新記事