【ウラチェックレビュー】Caseology iPhone 14 Pro 用 ガラスフィルム 2枚(ケーソロジー)|ガイド枠と2枚の保護ガラスが付いたコスパの良いiPhone用保護ガラスの紹介

ガイド枠と2枚の保護ガラスが付いたコスパの良いiPhone用保護ガラスの紹介【PR】

iPhone 14シリーズ用強化ガラスフィルム

iPhone 14 Proでは、ダイナミックアイランドを採用し、今までノッチと言われていた部分が画期的なアイデアで改良されました。

Caseology iPhone 14 Pro 用 ガラスフィルムは、iPhoneのスクリーン面を全面保護できる保護ガラスです。

通常のフィルムと異なり、ガラスは指の滑りが非常に滑らかに使えるので、最近では保護ガラスを使う人が多くなっています。

うれしい2枚入り

保護ガラス自体は、プラスチックフィルムと違い破損の可能性が高いのですが、この保護ガラスには予備としてもう一枚保護ガラスが付属しています。

仲間と分け合ったり、汚れや破損をした時の予備とできるので、コストパフォーマンスが高いです。

業界最高硬度9Hのプレミアム強化ガラス素材

硬度9Hの強化ガラスとなっており、高い強度を備えています。9Hというのは、鉛筆の9Hと同等の強度であり、鉛筆で擦ったとしても傷がつきにくい強度になります。

ただし、曲げには当然ながら弱いところがあるので、貼る際や剥がす際には注意しながら行わないと割ってしまう場合があります。

割れた保護ガラスは、破片が細かくなる場合があるので、些細な割れがあった場合は速やかに張り替えすることをオススメします。

Caseology独自ガイド枠

非常に便利な点は貼り付け用のガイド枠が付属しており、iPhone X以降、全面スクリーンとなったiPhoneへの保護ガラスの貼り付けでも、歪まずに貼り付けが可能です。

使い方もiPhoneに固定するだけなので、他メーカーのガイド枠よりも簡易的ながらも、最も使いやすいガイド枠です。

当然使い回しができるので、他の保護ガラスに貼り替えをする際に再利用できる点も良いです。

ガラスの板ののように見えて、絶妙なデザイン

iPhone 14 Proは、ノッチデザインではなく、ダイナミックアイランドを採用しているため、ノッチ型の保護ガラス形状ではなく、普通の長方形型のデザインとなっています。

ただし、スピーカーホールが位置がiPhone13以降はiPhone上部の縁に移動しており、この部分はしっかりと加工がされていますので、貼り付ける向きは間違えないようにしたいところです。

まとめ

★★★★★

保護ガラスはiPhoneを快適に使うのに必須にも近いところがあり、そのために貼り付けやすいガイド枠や予備の保護ガラスも付属しているので、破損した際の修理を考えれば、いわゆる保険としてとても便利なところがあります。

強度も一般的な9Hである点と透明度が高いところもあり、コストパフォーマンスが高いところがオススメです。

公式サイト

オンラインストア

最新情報をチェックしよう

レビューの最新記事