【新商品】伝統のJBLスタジオモニターに最先端エレクトロニクスを搭載パワードスタジオモニター「4305P」が発売

ハーマンインターナショナル株式会社は、「JBL」より、伝統のスタジオモニターに最先端のエレクトロニクスを搭載したパワードモニタースピーカー「4305P」を発売しています。

価格は、220,000円(税込)/ペアとなっています。

高解像度のストリーミングオーディオとプロシューマー接続を備えた完全自己完結型のパワードスピーカーシステムです。

25mm径の高音域コンプレッションドライバー「2410H-2」を備えており、HDI™(High Definition Imaging)ホーンと組み合わされています。低音域は、リブ付きブラックパルプコーンを備えたロングトラベル設計の133mm径のウーファー「JW130P-4」によって再生されます。

特長

  • 内蔵アンプと多様な接続方式を備えたコンパクトJBLスタジオモニタースピーカー
  • 高感度なJBLコンプレッションドライバー「2410H-2」と明瞭な音像音場再生能力を誇るHDI™(High Definition Imaging)ホーン搭載
  • 192kHz/24bitの高解像度DAC内蔵 • Chromecast※2およびAirplay2※3を介した高解像度ワイヤレスストリーミングとRoon Ready、MQA対応の デジタルセクション
  • Wi-Fi、Bluetooth、USB-Bおよび光デジタル入力装備
  • XLR / 6.3mmフォンジャックおよび3.5mmミニジャックによるアナログ入力装備
  • デジタルクロスオーバーによる各ドライバー個々に最適化されたパワー供給とDSP制御を備えた総合出力300Wの内蔵アンプ
  • 付属のBluetoothリモコンと独自の「MusicLife」アプリによる快適なリモート操作を実現

製品仕様

タイプ:コンパクト・ブックシェルフ型パワードスタジオモニター
ユニット:LF:133mm径パルプコーン・ウーファー「JW130P-4」
     HF:25mm径リング・コンプレッションドライバー「2410H-2」+HDIホーン
アンプ出力:総合300W(LF:125W×2 / HF:25W×2)Class-Dパワーアンプ
クロスオーバー:1750Hz
周波数特性:45Hz – 25kHz(-6dB)
入力:XLR/フォン、AUX(φ3.5mm)、USB-B、光デジタル、Ethanet/Wi-Fi、Bluetooth(version 5.1)
出力:サブウーファー出力(RCA、オートセンシング/80Hz HPフィルター自動添加)
対応フォーマット:AAC/AIFF/ALAC/DSD(DoP)/FLAC/MP3/OGG/ MP4/WAV/WMA
対応サンプリングレート:USB/ストリーミング:32kHz~192kHz
            SPDIF:~192kHz
外形寸法(グリル含む):W210×H336×D235mm
重量:6.6kg(プライマリースピーカー)/6.4kg(セカンダリースピーカー)
付属品:Bluetoothリモコン、電源ケーブル×2、デジタルリンク用ケーブル(3m)、ゴム足

公式サイト

パワードモニタースピーカー「4305P」

オンラインストア

最新情報をチェックしよう