【ウラチェックレビュー】Baseus PD 充電器 65W (ベースアス)|窒化ガリウムを採用した小型ながら65Wの出力ができるUSB AC紹介

窒化ガリウムを採用した小型ながら65Wの出力ができるUSB AC紹介【PR】

最大65Wの出力ができるUSB AC

iPhoneをはじめ、USBから充電する機器が増えてきている中で、充電器の大きさと充電速度については、さまざまな技術で便利になってきています。

Baseus PD 充電器 65Wは、窒化ガリウムを採用し、超小型マウスサイズの充電器となっています。

最大65Wの通電が可能であり、タブレットや小型のノートパソコンの充電にも活用できる充電器です。

スティック型のデザイン

筐体デザインは、スティック型となっており、MacBookに付属している充電器と比べて、コンセントに差し込んだ時に他のプラグ穴に干渉しずらいデザインとなっています。

難点としては、壁面のコンセントプラグに差し込んでいるときには、横方向に突き出る状態でもあり、さらにUSBポートもさらに横に突き出るような位置についているので、足を引っ掛けないように接続するコンセントの場所には注意が必要です。

通電時には角にあるLEDランプが点灯し、デザイン的に見栄えが良いです。デスク上に立てるように電源を取ると快適に使えます。

ただし、65Wの文字が天地逆となるのがちょっと残念なところです。

USB-Cが2ポート、USB-Aが1ポートを搭載

USBポートが3ポートあり、USB-Cが2ポート、USB-Aが1ポートあるので、多くの機器をUSB-C充電に移行した人には使いやすいポート採用となります。

USB-Aでは独自仕様で最大60Wの充電が可能ですが、できればUSB-Cポートを利用した方が安全です。

折りたたみ式コンセントプラグ

折りたたみ式のコンセントプラグを採用しているので、持ち運びの際にはほぼ直方体の形状となり鞄の隙間に忍ばせておきやすい筐体デザインです。

MacBookの充電器は意外とかさばることもあり、外出時には、Baseus PD 充電器 65Wを使う方が複数機器も充電できるので、非常に便利です。

注意点は合計65Wの出力

合計65Wの充電となるので、3ポートを同時に利用した場合、各々のポートの最大出力は変化します。

スマートフォンとタブレット程度であれば、さほど問題はないですが、ノートパソコンの充電をする場合には、使用ポートと充電電力を考えて使う必要があります。

まとめ

★★★★☆

65Wの出力ができ、USB-AとUSB-Cを合計3ポート搭載している窒化ガリウム採用のUSB-ACです。

小型で高出力なので、出張や外出時に重宝し、コンセントプラグが折りたためるところが便利です。

公式サイト

Baseus 最大65W出力可能のGaN(窒化ガリウム)急速充電器 ブラック

オンラインストア

最新情報をチェックしよう