【ウラチェックレビュー】Belkin SOUNDFORM Freedom(ベルキン)|世界初のApple Find Myに対応したサードパーティ製の完全ワイヤレスイヤフォンの紹介

世界初のApple Find Myに対応したサードパーティ製の完全ワイヤレスイヤフォンの紹介

約8時間、合計28時間の再生時間の完全ワイヤレスイヤフォン

belkinは、Apple関連製品を数多く生産しているメーカーで、Appleストアでもよく見かけるメーカーです。

Appleストア以外でも家電量販店にもコーナーが設置されており、名前を知っている人も多いメーカーだと思います。

Belkin SOUNDFORM Freedom(ベルキン)は、複数リリースされているベルキン製のイヤフォンの中でも、特長的な機能のある完全ワイヤレスイヤフォンです。

イヤフォン単体で約8時間、合計約36時間の使用ができるイヤフォンで、AirPods(第3世代)の6時間再生よりも長時間の使用ができます。

Apple Find Myに対応

特長的なところは、Apple以外のサードパーティ製品ながらも、Appleのサービスの「Apple Find My」が使えるところであり、紛失した場合でも、iPhone純正の「探す」アプリでイヤフォンの位置を探し出すことができます。

多くの完全ワイヤレスイヤフォンは、小型でもあり、充電ケースごと紛失しやすいところもあるので、無くした場所を探し出せることで安心感があります。

ただしあくまで充電ケースを基準とした機能なので、イヤフォン単体は探せないので注意が必要です。

自動停止機能搭載

イヤフォンは自動停止機能が搭載されており、イヤフォンを耳から外すと、音楽が自動的に停止してくれる機能があります。

地味な機能ではありますが、イヤフォンを外してそのままポケットに入れておいても、音楽やポッドキャストが勝手に再生され続けてしまうことはありません。

AirPodsに慣れている人なら当たり前の機能ですが、多くの完全ワイヤレスイヤフォンではまだまだこのような機能がないので、とても便利な機能だと思います。

なお、イヤフォンをタップすることによるリモコン操作が可能で、曲操作や音量調整などが行なえます。

充電ケースはワイヤレス充電対応

充電ケースは、USB-Cポートからの充電とワイヤレス充電が可能になっており、これもAirPodsに慣れている人には特に違和感なく使えます。

イヤフォン単体で約8時間、合計約28時間も使えるので、不便な点は少ないと思います。

問題としては、MagSafeのようなマグネットで吸着する仕組みではないので、ワイヤレス充電器に設置するときには、しっかりと充電が行われているかチェックしておくのが良いです。

apt-Xコーデックに対応

Bluetoothイヤフォンには、それぞれ仕様として再生品質にもなるコーデックがあります。

一般的はSBCやAACという仕様があり、本製品ではapt-Xという低遅延で高品質の仕様に対応しています。AirPodsは、コーデックは非公開ではありますが、AirPodsには多分搭載されていないapt-Xが本製品に搭載されています。Apple関連機器では、apt-Xの性能を活かすことはできませんが、Android端末であれば、低遅延で高音質のコーデックの恩恵が受けられる場合があります。

iPhoneを使用している場合は別途Bluetoothレシーバーを用意する必要がありますが、わざわざLightningポートにDACを取り付けるのもスマートではないので、あまりapt-Xにこだわる必要もないかと思います。

まとめ

★★★★☆

Apple Find Myに対応にした珍しい完全ワイヤレスイヤフォンになります。

ノイズキャンセリングや空間オーディオには対応していませんが、普通に使うぶんには、AirPodsの使い心地を踏襲しているようなところもあり、使いやすいイヤフォンではあります。難点はちょっとサイズが大きめな点くらいかもしれません。

公式サイト

Belkin SOUNDFORM Freedom(ベルキン)

オンラインストア

最新情報をチェックしよう

レビューの最新記事