【ウラチェックレビュー】Spigen リ・メロー iPhone SE(第3世代)ケース (シュピゲン)|衝撃吸収機能も兼ね備えたスクエア型iPhone SE(第3世代)ケースの紹介

衝撃吸収機能も兼ね備えたスクエア型iPhone SE(第3世代)ケースの紹介【PR】

スリムで四角いスクエアケース

iPhone SE(第3世代)は、2022年3月に発売されましたが、過去のiPhone 7シリーズとほぼ同じ筐体となっており、保護ケースの流用ができます。

Spigen リ・メロー iPhone SE(第3世代)ケースは、過去の世代のiPhoneの多くで使える保護ケースです。

iPhone 7、iPhone 8、iPhoneSE(第2世代)iPhoneSE(第3世代)で利用ができます。

iPhone自体は丸みを帯びたデザインではありますが、本ケースはスクエア型のデザインとなっており、見飽きたような筐体デザインを一新するようなケースデザインとなっています。

側面部分にはSpigenのロゴがさり気なく彫り込まれています。

ソフトな手触りのTPU素材

ケースの素材は、TPUで成形されたソフトケースとなっており、シリコンケースともポリカーボネートケースとも異なる風合いとなっています。

シリコンのように使っているうちに伸びてしまうこともなく、ハードケースのように手から滑り落としやすいこともなく、使いやすいケースです。

透明度は低いのですが、うっすらとiPhone自体が透けて見えるところもあり、iPhone本体のカラーにより見た目も微妙に変わります。

TPUという素材なので、ケース自体も傷に強く長期間使えるケースです。

MIL規格取得の衝撃吸収

TPUケースの特長としては、弾力性があるので、衝撃にも強く、コーナー部分もスクエア型となっているので、衝撃を和らげる効果があり、大事なiPhoneをしっかりと保護していることになります。

スクリーン面もエッジが少しだけ立っている形状となっているので、iPhoneを伏せて机に置いた時でもスクリーン側は接地しないので、綺麗な状態が保てます。保護フィルムと併用すれば、安全にiPhoneを保護できます。

ボタン部分はシンプルで心地よい押しやすさ

ボタン部分はしっかりと保護されていますが、押しにくくなっている印象もなく、クリック感のある押し感となっています。

充電ポートやスピーカーホールとミュートスイッチの部分はしっかりと穴が開けられています。必要最小限の部分は使いやすくされていますが、ほとんどの部分はしっかりと保護されており、ケースとしての保護機能と操作性を両立したデザインとなっています。

なお、あんまり関係はないのですが、スクエア型ということで、自立します。

カラーバリエーションが、フロスト・クリア、チャコール・グレー、グラデーション、ベビー・ピンク、ラベンダーと全5色が用意されており、透明感のあるカラーは、「フロスト・クリア」と「グラデーション」のみとなります。

ストラップホール付き

ストラップホールが付いており、好きなストラップを併用できます。最近のiPhoneは大型化してきており、最新のiPhone 13シリーズではかなり大きくなった印象がありますが、iPhone SE(第3世代)でもサイズが大きい印象もあり、片手で持ちにくい時もあるので、ストラップを併用できることで、しっかりと持つことができるのは良いところです。

iPhoneは多くの人が使っているという点と、デザインがどうしてもシンプルになりがちというところから、ストラップでパーソナライズできるメリットはあります。

まとめ

★★★★☆

半透明な素材感とスクエア形状がちょっと新しい感じのあるiPhoneケースです。TPU素材ということもありますが、しっかりとした装着感と耐衝撃なところはケースとしての安心感があり、iPhone 7からiPhone SE(第3世代)まで多くの対応機種がある点で気軽に使えるケースとなります。

公式サイト

Spigen リ・メロー iPhone SE(第3世代)ケース

オンラインストア

最新情報をチェックしよう

レビューの最新記事