ウラチェックレビュー

【新商品】​​​USBポートからDisplayPort入力のディスプレイに出力するための変換アダプタが発売

  • URLをコピーしました!

【補足】この記事のリンクには、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。

株式会社は、ポートからDisplayPort入力のディスプレイに出力するための変換アダプタ「-CVU3DP1」を発売しています。

価格は、19,580円(税抜き 17,800円)となっています。

USBポートからDisplayPortに変換するアダプタです。

目次

特長

  • USBポートからDisplayPort出力が可能なUSB-DisplayPort変換コンバータです。
  • 最大4K(3840×2160 30Hz)出力に対応しており4K対応のパソコン用モニターなどで高精細な4K解像度をそのまま出力することができます。
  • DisplayPortポートがないノートパソコンや、4K出力に対応していないパソコンからでも本製品で4K出力することができます。
  • 使用場面に合わせて拡張モード、複製モードの2つから選んで変更できます。
  • 1台のパソコンに対して最大6台まで同時接続が可能です。ノートパソコンの画面を含め最大7画面をマルチディスプレイ化することが可能です。
    ※フルHD解像度以下の場合に限ります。
  • 付属のドライバCDをインストールするだけで、簡単に使用できます。
  • USBケーブルを別途用意する必要がない一体型です。
  • 持ち運びにも便利なコンパクトサイズです。

製品仕様

インターフェースUSB仕様 Ver.3.2 Gen1(USB3.1 Gen1/USB3.0)準拠(USB Ver.2.0/1.1上位互換)
コネクタ形状USB 3.2 Gen1(USB3.1/3.0)Aコネクタ オス×1
DisplayPortメス×1
対応解像度3840×2160(30Hz)、3440×1440(30Hz)、
2048×1152(60Hz)、2048×1080(60Hz)、
1920×1200(60Hz)、1920×1080(50/60Hz)、
1680×1050(60Hz)、1600×1200(60Hz)、1600×900(60Hz)、
1440×900(60Hz)、1400×1050(60/75/85Hz)、1368×768(60Hz)、1366×768(50/60Hz)、1360×768(60Hz)、
1280×1024(60/75Hz)、1280×960(60/85Hz)、1280×800(60Hz)、1280×768(60/75/85Hz)、1280×720(50/60Hz)、
1152×870(75Hz)、1152×864(75Hz)、1024×768(60/70/75/85Hz)、1024×600(Hz)、
848×480(Hz)、800×480(60Hz)、832×624(75Hz)、800×600(56/60/72/75/85Hz)、
768×576(50/60Hz)、720×480(50/60Hz)、720×400(70/85/88Hz)、640×480(60/67/72/75/85Hz)
電源バスパワー
最大接続可能台数2台(4K解像度出力時)、6台(フルHD解像度以下の時)
消費電流約151mA(最大)
環境条件動作温度範囲/0℃~40℃
動作湿度範囲/20%~80%
サイズW82.5×D46×H15mm
重量約46g
セット内容本体、ドライバCD、取扱説明書

公式サイト

USBポートからDisplayPort入力のディスプレイに出力するための変換アダプタ「USB-CVU3DP1」

オンラインストア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次