【ウラチェックレビュー】Spigen Tag Armor Duo AirPods3ケース(シュピゲン) |Apple AirTagを収納して使う、ヒトクセあるAirPodsケースの紹介

Apple AirTagを収納して使うヒトクセあるAirPodsケースの紹介

ポリカーボネートとTPU素材のハイブリッドケース

AirPodsが第3世代が登場したことで、筐体デザインが刷新されました。AirPods Proのデザインを踏襲しながら、コンパクトな充電ケースサイズとなったために、保護カバーも新しくなっています。

Spigen Tag Armor Duo AirPods3ケースは、Apple AirTagを装着できるデザインと、ホリカーボネートとTPUのパーツを組み合わせて出来ており、保護性能の高いケースとなっています。

ケースを装着すると一回りくらいサイズが大きくなる印象ですが、保護するという意味合いと充電ケースのサイズから特に気にすることもないです。

そもそも、iPhoneと違い常に使い続けるものでもないので大きさはマイナス要素とは思いません。

蓋部分は相変わらず、両面テープで固定する方が外れにくくなるので、しっかりと固定しておくことをおすすめします。

背面のリセットボタン

ペアリングを行う際のボタンの操作ができるようになっており、都度保護カバーからAirPodsを取り出さなくても、再ペアリング等は手軽にできます。

押し感もしっかりしており、TPU素材だからこその使い勝手があると思います。

装着にはヒトクセあり

ポリカーボネートとTPUのパーツから構成されており、3つのパーツを組み合わせて組み上げます。

AirTag収納部分は空洞となっており、AirTagを装着せずにも使用できますが、空洞部分がしっくりしないので、AirTagと AirPodsの併用が基本となります。

ダミーカバー等があるとよかったのですが、3Dプリンタ等でAirTagと同等のダミーカバーを作るのも良いかもしれません。

小さな一眼レフカメラのようなデザインでもあり、カメラレンズのようなダミーカバーを作れるとカッコよくできるのかもしれません。

AirTag収納が可能

AirTagの装着はパーツの間に挟み込むような構造で、AirTagのAppleロゴ部分が正面を向くような装着となります。

AirTagの白いパーツを前面にするような装着はできません。AirTagは1年間のバッテリ寿命があるので、年に1回取り外す以外は保護カバーを分解する必要はありません。

綺麗に使うには、AirTagのロゴ部分に保護フィルムを貼っておくとよく、保護ケース装着状態から保護フィルムが剥がれてしまうことはほぼないと思います。

なお、AirPodsは「探す」アプリに対応しているので、AirTagの必要性を疑問に感じる人もいると思いますが、AirTagはスピーカーから位置を知らせるサウンドを流せるので、探し物をよくする人には便利に使えると思います。(※2021年11月現時点のAirPodsの全機種には充電ケースにスピーカー機能はありません。)

カラビナ付属

バックや服につけられるカラビナが付属しており、充電ケースを無くさないように持ち運べます。

カラビナをつけるホールも大きめなホールで、ストラップ等もつけられます。ホール部分はTPU素材でもあり柔軟性により、ちぎれにくいようになっています。

まとめ

★★★★☆

AirTagを装着できるAirPodsケースです。AirTagを持っている人であれば、AirPodsをさらに無くさないようにサウンドで探すこともできるので便利です。

小さなトイカメラ風のデザインもカワイイのですが、カラーバリエーションが黒しかないのが残念なところです。

公式サイト

オンラインストア

最新情報をチェックしよう
>ウラチェック〔kcehc.com〕

ウラチェック〔kcehc.com〕

ウラオモテなく、モノをレビューするサイトスマートフォン関連の商品や、面白そうなガジェットを紹介