【新商品】ワイヤレスサブウーファーがセットになって圧倒的な低音再生を実現した 2.1ch サウンドバーシステム「CINEMA SB190」が発売

ハーマンインターナショナル株式会社は、「JBL」ブランドより、「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」に対応し、サウンドバーとワイヤレスサブウーファーの構成で本格シネマサウンドを再現する、2.1chサウンドバーシステム「CINEMA SB190(シネマ エスビー190)」を発売しています。

価格は、33,000 円(税込)となっています。

スピーカーとマイクを搭載した2つの本体がセットになっている対話型拡声器です。双方に搭載したマイクとスピーカーで、飛沫防止パーティションや仕切りが設置され仕切られた環境でもお互いの会話が聞き取りやすくなります。

特長

  • Dolby Atmos®デコーダー&バーチャライザー搭載により、次世代の「イマーシブサウンド」を余すことなく体感可能
  • 2ウェイ構成スピーカーと 16 ㎝径ワイヤレスサブウーファーがセットになり、総合出力 380W の本格シネマサウンドを再現
  • 2.4GHz ワイヤレス対応サブウーファーにより配線を気にすることなく自由に配置が可能
  • テレビからの Dolby Atmos 信号の伝送も HDMI ケーブル 1 本で可能な eARC 対応
  • トーク番組やドラマで人の声を明瞭に聴きとりやすくする「ボイスモード」と 3 つのサウンドモード
  • 4K パススルー対応した HDMI 入力 1 系統と光デジタル入力 1 系統装備
  • Bluetooth 接続でお手持ちのデバイスからワイヤレスで音楽再生も可能
  • サウンドバー用壁掛けセット付属

製品仕様

使用ユニット:<サウンドバー>
       48×90 ㎜レーストラック形ウーファー×2、30 ㎜径ツイーター×2
       <サブウーファー>
       16 ㎝径ウーファー
対応フォーマット:Dolby Audio(Dolby TrueHD, Dolby Digital Plus, Dolby Digital), Dolby Atmos, AAC,
         PCM(2~ 7.1ch)
出力端子:HDMI (eARC 対応) ×1
入力端子:HDMI (HDCP2.3, HDR10+, Dolby Vision, 4K パススルー対応)、光デジタル×1、Bluetooth
最大出力:最大 380W(サウンドバー出力 90W×2 + サブウーファー出力 200W)
周波数特性:40Hz – 20kHz
サイズ(H x W x D) :サウンドバー:900×62×67 ㎜、サブウーファー:200×409×280 ㎜
重量 :サウンドバー:1.9kg、サブウーファー:5.6kg
付属品:HDMI ケーブル(1.2m)×1、AC 電源ケーブル(1.5m)×2、リモコン(単 4 電池 2 本付)×1、
    壁掛用取り付け金具キット(ネジ付属)×1

公式サイト

オンラインストア

最新情報をチェックしよう
>ウラチェック〔kcehc.com〕

ウラチェック〔kcehc.com〕

ウラオモテなく、モノをレビューするサイトスマートフォン関連の商品や、面白そうなガジェットを紹介