【新商品】「Dolby Atmos®」に対応し、サウンドバーとワイヤレスサブウーファーの構成で本格シネマサウンドを再現する2.1ch サウンドバーシステム「CINEMA SB190」が発売

ハーマンインターナショナル株式会社は、「JBL」ブランドより、「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」に対応し、サウンドバーとワイヤレスサブウーファーの構成で本格シネマサウンドを再現する、2.1ch サウンドバーシステム「CINEMA SB190」を発売しています。

価格は、 33,000 円(税込)となっています。

ホームシアター市場でも最新のサラウンドフォーマットとして注目度の高い「Dolby Atmos®」に対応した最新のサウンドバーです。

48×90mmのレーストラック形ウーファーを2基と、30mm径ツイーターを2基搭載した2ウェイ構成スピーカーのサウンドバーに加えて、大口径16cm径のサブウーファーがセットになり、最大 380W の高出力アンプで駆動することで迫力ある本格シネマサウンドと、深く厚みのある重低音を高次元で両立します。

特長

  • Dolby Atmos®デコーダー&バーチャライザー搭載
  • 2ウェイ構成スピーカーと 16 cm径ワイヤレスサブウーファーがセットになり、総合出力 380W の本格シネマサウンドを再現
  • 2.4GHz ワイヤレス対応サブウーファー
  • テレビからの Dolby Atmos 信号の伝送も HDMI ケーブル1本で可能な eARC 対応
  • トーク番組やドラマで人の声を明瞭に聴きとりやすくする「ボイスモード」と3つのサウンドモード
  • 4K パススルー対応した HDMI 入力1系統と光デジタル入力1系統装備
  • Bluetooth 接続でお手持ちのデバイスからワイヤレスで音楽再生も可能
  • サウンドバー用壁掛けセット付属

製品仕様

カラー:ブラック
使用ユニット:<サウンドバー>
       48×90 ㎜レーストラック形ウーファー×2、30 ㎜径ツイーター×2
       <サブウーファー>
       16 ㎝径ウーファー
対応フォーマット:Dolby Audio(Dolby TrueHD, Dolby Digital Plus, Dolby Digital), Dolby Atmos, AAC,
         PCM(2~ 7.1ch)
出力端子:HDMI (eARC 対応) ×1
入力端子:HDMI (HDCP2.3, HDR10+, Dolby Vision, 4K パススルー対応)、光デジタル×1、Bluetooth
最大出力:最大 380W(サウンドバー出力 90W×2 + サブウーファー出力 200W)
周波数特性:40Hz – 20kHz
サイズ(H x W x D) :サウンドバー:900×62×67 ㎜、サブウーファー:200×409×280 ㎜
重量 :サウンドバー:1.9kg、サブウーファー:5.6kg
付属品:HDMI ケーブル(1.2m)×1、AC 電源ケーブル(1.5m)×2、リモコン(単 4 電池 2 本付)×1、
    壁掛用取り付け金具キット(ネジ付属)×1

公式サイト

オンラインストア

最新情報をチェックしよう
>ウラチェック〔kcehc.com〕

ウラチェック〔kcehc.com〕

ウラオモテなく、モノをレビューするサイトスマートフォン関連の商品や、面白そうなガジェットを紹介