【ウラチェックレビュー】Beats Studio Buds(ビーツ)|beats初のノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤフォンの紹介

beats初のノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤフォンの紹介

beats初のノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤフォン

Beats by Dr. Dreは、オーディオメーカーとして2014年にApple傘下となり、ここ数年は、Apple製品と親和性のあるイヤフォンやヘッドフォンをリリースしています。

多くはヘッドフォンが用意されてきましたが、満を持してフルワイヤレスイヤフォンを発売しました。

Beats Studio Budsは、beats製品で最も小型なBluetoothイヤフォンとなり、ノイズキャンセリングや空間オーディオをサポートしたイヤフォンとなっています。

卵型のような充電ケースは非常に滑らかなデザインとなっており、手に馴染むようなマット感のある表面処理がされています。

ただし、凹凸が少ない反面、手から滑り降りてしまう恐れもあり、シンプルなデザインながらも、多少工夫が欲しかった点ではあります。

接続は非常にシンプル

AirPodsでは、W1チップ等が搭載されており、AppleIDでの管理とペアリングが非常に便利な仕組みとなっていますが、Beats Studio Budsは、W1やH1のチップが非搭載ながらも、ペアリングには、OSレベルでダイヤログが出るような仕組みとなっており、AirPodsのように接続が簡単です。

また、Android OSでも同様にダイヤログが表示され、AirPodsよりも手軽にAndroidとの接続が可能です。

Androidユーザーにも手軽な接続なので、多くのスマートフォンユーザーが便利に使えます。

その反面、AppleIDでの管理ではないので、同じApple ID同士でのシームレスな接続変更には対応していません。他の機器と接続する際には、各々ペアリングをする必要があります。

最大8時間の再生時間

イヤフォン単体で最大8時間の使用が可能で、充電ケースの併用で約24時間の利用が可能です。

アクティブノイズキャンセリングを使用した場合は最大5時間の利用となりますが、それでも充分な使用時間ではあります。

充電ケースに収納すれば、FastFuel機能で約5分の充電で1時間の使用ができますので、充電ケースに蓄電されていれば、さほど困らずに使用できます。

テレワークの際のビデオ会議に使用するのも良いかもしれません。イヤフォンのロゴマーク部分はボタンとなっており、リモコン操作は可能です。ただし、AirPodsと同様に、音量調整はできません。

タッチコントロールではないですが、イヤフォンを持つ部分は非常に小さいため、つい、リモコン操作を行ってしまう場合があります。自動装着により再生や停止の操作が行われるわけではないので、この点も注意が必要です。

iOSやAndroidで使用可能

iOSで使用できるのはもちろん、Androidでも便利に使えます。

Androidには専用アプリが用意されているので、iOSと同様に細かな設定が可能です。

iOSの場合は、Bluetooth設定から詳細設定が可能です。設定画面からBluetooth設定を表示させての接続方法ではなく、初回ペアリングの際には、スマートフォン画面にダイヤログが表示するために、接続に戸惑うこともありません。

充電には、LightningではなくUSB-Cでの接続となるので、Androidの人には充電ケーブルに困ることも少ないです。

空間オーディオ対応

AirPods Proなどで、使用できる空間オーディオにも対応しており、AppleTV+やNetflixで臨場感のある映像が楽しめます。

ただし、ヘッドトラッキング機能は搭載していないので、AirPods ProやAirPods Maxのような空間オーディオとはちょっと異なる聞こえ方をしています。

まとめ

★★★★☆

Beatsの初の小型完全ワイヤレスイヤフォンとなりますが、Beats PowerBeats Proと同様に充電ケースの大きさは大きめとなります。

ノイズキャンセリングと空間オーディオがあるので、AirPods Proの代わりと使えますが、やはり価格差の都合で、一部不便な機能もあります。Androidとの親和性が良いので、Androidユーザーにおすすめしたいイヤフォンです。

公式サイト

オンラインストア

最新情報をチェックしよう
>ウラチェック〔kcehc.com〕

ウラチェック〔kcehc.com〕

ウラオモテなく、モノをレビューするサイトスマートフォン関連の商品や、面白そうなガジェットを紹介