【ウラチェックレビュー】Epeios ワイヤレス充電器(エペイオス) |薄型で15W出力が可能なMagSafe充電器の紹介

薄型で15W出力が可能なMagSafe充電器の紹介

わずか5.7mmの薄型MagSafe充電器

iPhone 12シリーズから、AppleがMagSafe機能をiPhoneに搭載したために、MagSafeでワイヤレス充電の手軽さが生まれています。

iPhone 12発売当初は、MagSafe充電器はApple純正しかなかったのですが、最近はサードパーティ製のMagSafe充電器が増えています。

Apple純正のワイヤレス充電器以外では、一部フル機能が制限されていますが、充電時間がちょっと長くなる程度なのでまずはお試しでということであれば、純正のMagSafe以外の選択肢も良いかと思います。

Apple純正のMagSafeよりも多少大きめですが、厚みはさほど変わらないので、些細な問題かと思います。

マグネットでしっかりと固定

MagSafe充電器はiPhone 12シリーズに内蔵されているマグネットと磁力で接続でき、今までのワイヤレス充電器にあった「置き方が悪くて充電できていなかった」という問題を解消しています。

磁力はほどほどに強力で、iPhoneをぶら下げるほどの磁力はあります。iPhone 11シリーズ以前の機種ではマグネットが内蔵されていませんが、しっかりとiPhoneのワイヤレス充電ができる位置に設置すれば充電は可能です。

側面にエッジがあり指がかりがよいので、取り外しの際も純正より行いやすくなっています。使い方によっては、AirPods Proの充電にも使用可能です。

ケースと併用でも充電可能

iPhone 12 シリーズにはMagSafe用のマグネットが内蔵されているので、厚みの薄い保護ケースであれば、保護ケースを介してMagSafe充電も可能です。

ただし、金属製や厚みのある耐衝撃ケースなどでの併用は、磁力の影響で使用できない場合もあります。

MagSafe用マグネットが内蔵されたケースで有れば、iPhone SE(第二世代)などのワイヤレス充電が可能のiPhoneでも利用は可能です。

最大15W出力

最大15W出力が公称でもあり、Apple純正のMagSafe充電器と同等の性能があります。

ただし、Apple純正とは異なりiPhoneでMagSafeを利用した時の画面表示にはなりません。

異物検知機能を装備

ワイヤレス充電器は、コイルから発生する電磁誘導の原理で電力を供給しますが、コイルの間に金属がある場合は、正しく充電できず、逆に金属に熱を帯びてしまうので危険です。

そんな危険を回避するために異物検知機能が搭載されており、コイルの間の異物が発見された場合は自動的に充電を停止する機能があります。間違って充電しないような仕組みなので、安心して使用ができます。

まとめ

★★★★☆

Apple純正の以外のMagSafe充電器で、充電速度も純正と同等となり、充分機能します。純正よりもサイズが大きいですが、価格が純正よりも安いので、手軽に使えると思います。

公式サイト

オンラインストア

最新情報をチェックしよう
>ウラチェック〔kcehc.com〕

ウラチェック〔kcehc.com〕

ウラオモテなく、モノをレビューするサイトスマートフォン関連の商品や、面白そうなガジェットを紹介