【ニュース】Appleが、つながりを保つ新しい方法や、デバイス上の知能を使い、ユーザーの集中を助けたり、探索したり、さらにいろいろなことができるパワフルな機能を搭載したiOS 15を発表

2021年6月8日、Appleは、iOS 15のプレビューを発表しています。

iPadOS 15のデベロッパ向けプレビューは、developer.apple.com/jpを通じてApple Developer Programのメンバーに提供されています。

iPadOSユーザーに対しては7月中にパブリックベータ版がbeta.apple.comで提供されます。

macOS Montereyは今秋、無料のソフトウェアアップデートとして提供予定で、iPad mini 4以降、iPad Air 2以降、iPad(第5世代以降)、すべてのiPad Proモデル向けで利用できます。

主な機能

より自然なFaceTime通話とSharePlay

空間オーディオにより、FaceTime通話の声がまるで画面上の相手の位置から発せられているように聞こえ、新しいマイクロフォンのモードを使うと、周囲のノイズからユーザーの声を分離します。SharePlayを使って、FaceTimeで友人とつながりながら体験を共有も可能です。

Apple製デバイス以外でもFaceTime通話が可能になりました。iPhone、iPad、Macでリンクを作成して、メッセージ、カレンダー、メール、他社製アプリケーションで共有できるようになったため、AndroidデバイスやWindowsデバイスのウェブブラウザから、誰でもFaceTime通話に参加できます。

「集中モード」

「集中モード」が1つのApple製デバイスで設定されると、ほかのApple製デバイスにも自動で適用されます。ユーザーは集中する時に適用するアプリケーションやウィジェットをまとめたホーム画面のページを作成し、関連するアプリケーションだけを表示して誘惑を減らせます。

「テキストの認識表示」

写真の中のテキストを認識し、それに応じた操作ができます。家族の手書き料理レシピの写真を探したり、お店の入り口に貼ってある電話番号を撮影し、その番号に電話をかけられます。

再設計されたSafari

新しいタブバーはコンパクトかつ軽快に動作し、画面下部に配置できるため、タブ間を簡単にスワイプできます。「タブグループ」を使うとタブを保存でき、iPhone、iPad、Macのどれからでも、いつでも簡単にアクセスできます。

身分証明書がAppleウォレットで利用可能

iPhoneでユーザーの自宅やオフィス、さらにはホテルの部屋の鍵を開けられます。

対象となる米国の州に住んでいる場合、運転免許証または州発行の身分証明書をウォレットに追加できるようになります。

その他新機能

「再設計された天気アプリケーション」「メモアプリケーション」「あなたと共有」「iCloud+」「翻訳」など

公式サイト

最新情報をチェックしよう
>ウラチェック〔kcehc.com〕

ウラチェック〔kcehc.com〕

ウラオモテなく、モノをレビューするサイトスマートフォン関連の商品や、面白そうなガジェットを紹介