【ウラチェックレビュー】Apple Watch 40mmケース用(PRODUCT)REDブレイデッドソロループ(アップル) |編み込みされたシリコーン糸で肌触りの良いApple Watchバンドの紹介

編み込みされたシリコーン糸で肌触りの良いApple Watchバンドの紹介

シリコーン糸を織り込んだポリエステルヤーン素材

Apple Watch series6の発売と同時に2種類の新型バンドが同時発売しました。

一つは、シリコン製のソロループで、もう一つが今回紹介するブレイデッドソロループとなります。

ブレイデッドとは、編み込みという意味があります。留め具を使っていないので、Apple Watchを装着したままでMacBookを使っても、留め具がMacBookとぶつかることもなく快適に使えます。

サイズの選び方

サイズは40mmと44mm用のバンドで異なり、各種サイズ40mmは1〜9、サイズ44mmは4〜12の種類があります。

サイズの測り方は、オンラインからバンドの印刷データから印刷して長さを確認できます。

シリコンのソロループでも同じように長さを測れますが、シリコンのソロループは実測より1サイズ大きめ、ブレイデッドソロループは、実測通りが使いやすいサイズになります。

それでも不安に感じる場合は、Apple直営ストアで実際のサンプルを試着して確認するのが良いです。遠隔地の人は、紙のサンプルで測定し、どうしてもしっくりこない場合は、オンラインで購入後2週間以内は返品ができるので、交換返品するのが良いです。

オンにもオフにも使えるバンド

カジュアルにもフォーマルにも見栄えが良く、シリコンのソロループよりも使い回ししやすいです。

ただし丸洗いはしっかりとできないので、スポーツの際や夏場での使用は汗に注意が必要です。個人的には夏場以外ではブレイデッドソロループで、夏場はシリコンソロループと使い分けると良いかもしれません。


伸縮性は意外と少ない

一般的な時計のバンドと異なり、伸縮により装着感を維持するので、緩めのサイズよりもぴったりフィットであれば、使用しているうちに伸縮するので、心地よい装着具合となります。

シリコンソロループよりも伸縮性は低いので、サイズの選び方には注意が必要です。

汗や汚れには注意

時計のバンドということなので、常に肌に密着する以上、汗や汚れは使っていくうちに必ずついてきます。

できれば、常にApple Watchを装着しておくよりも適度にバンドを変えたり、外しておく時間があるほうが、綺麗なままで長期間使用できます。

まとめ

★★★★★

オンオフ問わず使えるApple Watchバンドで、装着にしやすさも良く、シリコンソロループよりも密着度が優しいので、常に使っていたいバンドです。可能であれば複数購入をしてカラーを楽しむこともできるオススメのApple Watchバンドです。

公式サイト

オンラインストア

最新情報をチェックしよう
>ウラチェック〔kcehc.com〕

ウラチェック〔kcehc.com〕

ウラオモテなく、モノをレビューするサイトスマートフォン関連の商品や、面白そうなガジェットを紹介