注目キーワード
  1. Apple
  2. iPhone
  3. iPad
  4. MacBook
  5. AppleWatch

【ウラチェックレビュー】Caseology iPhone 12 Pro ガラスフィルム(ケースオロジー)|ガイド枠が付属した2枚セットの保護ガラスの紹介

ガイド枠が付属した2枚セットの保護ガラスの紹介

iPhone 12 Proに最適なガラスフィルム

iPhoneは初代から液晶画面にガラスを採用してきており、そのおかげでガラスを割ってしまうこともあり、脆いという印象もあります。

そのため、保護フィルムを貼るということで液晶ガラスを保護することがあります。

Caseology iPhone 12 Pro ガラスフィルムは、ガラス素材で保護できるフィルムであり、指触りの滑らかな状態を維持しながら、iPhoneの液晶画面が保護できます。

硬度9Hの品質

ガラスフィルムの強度は9Hという一般的な強度があり、これは鉛筆の芯での9Hの強度となります。

よく間違えて理解している人がいますが、この強度は、コーティング剤や塗料の強度を計る指針となるので、ダイヤモンドの硬度と比較するのはちょっと扱いが異なります。少なくとも、鉛筆で擦っても傷がつかないのは間違いないです。

使いやすいガイド枠

最近のiPhoneは、ホームボタンが無くなったので、保護フィルムを貼るのにも位置が合わせにくくなっており、そのためにガイド枠があることで、ほぼ使いやすい位置に貼ることができ、貼り間違いも防げます。

完全に液晶画面を覆うことはできないサイズですが、iPhoneケースと併用することも考えると、このくらいの隙間があっても問題ないとは思います。

また、このガイド枠は使い回しできるので、100円ショップなどで買ったガラスフィルムを貼る際にも便利に使えるとは思います。

日本旭硝子製のプレミアムガラスとCaseologyの設計技術

日本旭硝子の素材を使っているので、透明感や平滑感も良く、設計上、ラウンドエッジ処理もされているので、貼り付けた時の違和感もとても少ないガラス保護フィルムです。

指紋防止加工ガラス

保護フィルムではごく稀に指紋や汚れがつきやすいものがありますが、Caseology iPhone 12 Pro ガラスフィルムは、しっかりと指紋防止加工もされているので、いちいち汚れや指紋を気にする必要がありません。

抗菌処理もされていればよかったのですが、平滑度が高いので、そこまで神経質にならなくても良いのかもしれません。

まとめ

★★★★★

iPhone 12用の保護ガラスですが、iPhone 12 Proでも使用ができ、特にガイド枠があるおかげで、貼り付けの際の歪みはほぼ起こりません。

保護ガラスで保護する用途だけでなく、ガイド枠が何度も使えるので、他のフィルムに張り替えの時にも便利なのでおすすめの商品です。

公式サイト

オンラインストア

最新情報をチェックしよう
>ウラチェック〔kcehc.com〕

ウラチェック〔kcehc.com〕

ウラオモテなく、モノをレビューするサイトスマートフォン関連の商品や、面白そうなガジェットを紹介