【新商品】コンパクトなボディに手ブレ補正機能を搭載した4Kカメラ「DJI Pocket 2」を、DJIが発表

【新商品】コンパクトなボディに手ブレ補正機能を搭載した4Kカメラ「DJI Pocket 2」を、DJIが発表

DJIは、機能が大幅にアップグレードし、高画質&高音質、モジュラー設計を採用し、より手軽な撮影が可能になった4Kカメラ「DJI Pocket 2」を発表しています。

価格は、49,500円(税込)となります。各種アクセサリが付属したDJI Pocket 2 Creator コンボが64,900円(税込)となっています。

発売は、2020年10月31日(土)を予定しています。

 DJI Pocket 2は、高度なモジュラー設計を採用し、ベースが取り外しできるため、アクセサリーを取り付け様々な用途に対応できます。前機種と同様に、単体でカメラスタビライザーとして使用でき、専用のスマートフォンアダプターにお使いのスマートフォンを接続し使用できます。さらに、無線用アクセサリーを使用すると、遠隔操作でカメラ制御でき、撮影の幅が広がります。

名前の通りポケットに収まり、気軽にどこへでも持ち出せます。最大駆動時間140分で、わずか117 gの重量で手軽に持ち運びでき、いつでも大切な瞬間を撮影できます。

サイズアップした1/1.7インチのイメージセンサーで、画質が向上しており、焦点距離20 mm(35mm判換算)、絞り値F1.8のレンズを搭載し、明るく画角の広いシネマティックな映像でどんなシーンでも活躍します。Vlog撮影などにもぴったりです。通常写真撮影では16MP、高解像度モードでは64MPで撮影でき、動画撮影では、最大動画解像度4K/60fpsの動画を100Mbpsで撮影、細部まで鮮明に撮影できます。

特長

  • プロモード:ISO/シャッター速度/EV/フォーカスモードなどカメラの詳細設定を調整します。
  • ActiveTrack 3.0:被写体を選択すると、DJI Pocket 2が自動で被写体を追尾し、フレーム内に捉え続けます
  • スローモーション:解像度1080p 8倍スローモーション、一瞬の出来事も詳細に描き出します。
  • タイムラプス、モーションラプス、ハイパーラプス:3種類のタイムラプスモードで、様々な効果を使い、時間の経過を撮影できます。ハイパーラプスでは、自動的にEIS(電子式映像ブレ補正)技術を使用し、滑らかな映像を実現します。それぞれの映像をRAW形式で個別に保存でき、ActiveTrack 3.0を使用することもできます。
  • パノラマ:
  • o 180°パノラマ:4枚の写真に分割撮影し一枚にまとめ、目前に広がる景色を捉えます。
  • o  3×3パノラマ:9枚の写真を合成し、よりワイドで鮮明な写真を作成します。
  • ライブ配信:Facebook/YouTube/RTMP(ライブ配信プロトコル)で直接ライブ配信が可能です。
  • ストーリーモード:カメラワーク、カラープロファイル、音楽がプリセットされているため、テンプレートを選択し、撮りたい瞬間を撮影するだけ。SNSにもすぐに共有できます。 

製品仕様

サイズ:124.7×38.1×30 mm
重量:117 g

操作可能範囲
パン: -230° ~ +70°
チルト: -100° ~ +50°
ロール:± 45°

駆動時間
140分
(1080p/24fpsでの動画撮影時のラボ環境下での測定値で、参考値となります。)

充電時間
73分(5V/2A USBアダプターを使用した場合)

OS要件
iOS 11.0以降
Android 7.0以降

公式サイト

オンラインストア