【新商品】 人間工学に基づいたTwelve South「Curve Riser」を、フォーカルポイントが発売

【新商品】 人間工学に基づいたTwelve South「Curve Riser」を、フォーカルポイントが発売

フォーカルポイント株式会社が、米国Twelve South社のアルミニウム製のPCスタンド「Curve Riser」を発売しています。

価格は、9,800(税抜)となり、2020年9月17日より発売しています。

Twelve SouthのCurve Riserは、iMacや外部液晶ディスプレイに最適のディスプレイスタンドで、アルミニウム製のスタイリッシュなボディは、部屋の和洋、ディスプレイの種類を問わず、さまざまなシチュエーションで利用できます。

iMacやディスプレイを10.8cm上げられ、人間工学に基づいた設計で、ディスプレイをより見やすい高さへと変えます。

シェルフ(収納棚)機能は、各種USBハブやハードディスクドライブ、スマートフォンやキーホルダーなど、身の回りのものを保管する場所として最適で、Mac miniの収納も可能です。

主な特長

  • iMacや外付けディスプレイの高さを上げることで、肩や腰への負担を軽減
  • 本体にある棚部分には様々なハブ、外付けストレージ、周辺機器の保管に最適
  • ディスプレイの設置領域は最大約25.4cm(10インチ)まで対応
  • オフィスはもちろん、自宅でのテレワークにも最適
  • 様々なディスプレイと調和するブラックカラー

製品仕様

素材 : アルミニウムなど
製品サイズ:約316(W)× 108(H)× 235(D)mm
重量:1,370g

公式サイト

オンラインストア