【ニュース】 Appleが、macOS Big Surの新機能を発表

【ニュース】 Appleが、macOS Big Surの新機能を発表

2020年6月23日、アップルは、Safariの過去最大のアップデートが行われ、メッセージ、マップ、プライバシー機能も大幅に強化したmacOS Big Sur(ビッグ・サー)を発表しました。

macOS Big Surのデベロッパ向けベータ版は2020年6月23日より配布され、正式版は2020年秋リリース予定となっています。

macOS Big Surは、MacBook 2015以降、MacBook Air 2013以降、MacBook Pro Late 2013以降、Mac min i2014以降、iMac 2014以降、iMac Pro 2017以降、Mac Pro 2013以降に対応しています。

主な機能

Mac OS Xのリリース以来最大となるデザインのアップグレード

macOS Big Surは、新デザインを採用し、アイコンやウィジェットなど様々な要素を新しくなります。ボタンやコントロールも必要なときに表示されるようになり、洗練されたデザインとなるようです。

カスタマイズ可能なメニューバーにはまったく新しいコントロールセンターが搭載され、操作性がかなり向上します。

高速でパーソナル、かつプライバシーを最優先とするSafari

Safariは、2003年の最初のリリース以来最大のアップデートが行われ、高速化と消費電力効率がさらに改善します。Chromeの約50%高速化されているようです。

パーソナライズ機能も強化され、スタートページのカスタムやリーディングリストのカスタマイズもできます。

翻訳機能も強化され、7言語を検知して、ウェブページ全体を翻訳できます。

新しいプライバシーレポートでは、Safariによるウェブ全体を対象とする閲覧保護の状況を見ることができ、安全なブラウズが行えます。

表現豊かなメッセージ

Macのメッセージアプリケーションに、重要な会話をさらに簡単に管理し、表現豊かなメッセージを共有できる新しいツールが搭載され、お気に入りの会話をメッセージリストの上部にピンで固定して、すばやくアクセスできるようになるほか、検索機能も強化されます。

ミー文字も強化され、今まで以上に個性的なミー文字が作成できます。

新しい計画ツールとしてのマップ

信頼できるリソースをもとに作成されたガイドを使って、行きたい場所ややりたいことを見つけたり、お気に入りのレストラン、公園、観光スポットなどのカスタムガイドを作成できます。

Look Around機能は、行き先の景色を360度見渡すことや主要な空港やショッピングセンターの詳しい屋内マップを見られます。

その他の機能

プライバシー機能がさらに強化され、これまで以上に自分のデータに関する高い透明性とコントロールが行えます。アプリのダウンロードの際にも、プライバシー保護の情報が表示され、安全にアプリの導入が可能です。

Xcode 12も大幅に改定され、これまで以上に簡単にmacOS向けのアプリケーションを開発可能です。

SwiftUIにより、Appleのあらゆるプラットフォーム間で共有できるコードを使ってアプリケーションを開発できるほか、環境設定ウインドウのようなMacのカスタム機能も簡単に追加できます。

Mac Catalystにより、デベロッパはiPadアプリケーションをMacに移行しやすくなりました。macOS Big Surでも、Mac Catalystアプリケーションはその新しいデザインを引き継ぎながら、デベロッパにパワフルな新しいAPIをもたらし、開発したアプリケーションの外観や動作を総合的にコントロールできるようにします。

公式サイト