【ニュース】 Appleが、iPadOS 14の新機能を発表

【ニュース】 Appleが、iPadOS 14の新機能を発表

2020年6月23日、アップルはiPad独自の機能と大画面のMulti-Touchディスプレイを活かした新機能とデザインが搭載されたiPadOS 14を発表しました。

iPadOS 14のデベロッパ向けベータ版は2020年6月23日より配布され、正式版は2020年秋リリース予定となっています。

iPad Air 2以降、すべてのiPad Proモデル、iPad(第5世代以降)、iPad mini 4以降向けに、無料のソフトウェア・アップデートとして提供予定です。

主な機能

アプリケーションの体験の向上

コンパクトなデザイン、ユニバーサル検索、再設計されたサイドバーと、デザインの変更がされています。FaceTimeの着信も小さくなり、Siriのコントロールも画面下に小さく表示されます。

Apple Pencilのスクリブル

Apple Pencilで書いた手書きメモをそのまま選び、テキストに変換できます。これは、英語、繁体字中国語、簡体字中国語、そして中国語と英語の混合に対応します。

新しいナビゲーション

写真、ファイル、メモ、カレンダー、Apple Musicなどのナビゲーションを一箇所にまとめ、コンテンツを前面に表示したままアプリケーション内で今までになく移動しやすくなっています。

ARKit 4

ARKit 4では、デベロッパがiPad Proの新しいLiDARスキャナで測定されたより高精度な深度情報の利用を可能にします。ロケーションアンカーが導入され、デベロッパはAR体験を特定の座標にピンで固定できます。

プライバシー機能の強化

すべてのアプリケーションによるトラッキングにはユーザーの許可が事前に必要になり、各アプリケーションの情報ページに、デベロッパの自己申告によるプライバシーの慣行の概要が簡潔でわかりやすい形式で掲載されます。

その他の機能

デザインが刷新された美しいウィジェットにより、情報を一目で確認できます。

メッセージは、簡単にいつでもつながることができ、重要なメッセージもすぐに見つかるようになっています。メッセージのリストの上部に会話をピンで固定して、メンションやインラインを使った返信をすることでグループスレッドを続けたり、画像や絵文字を使ってグループの写真を設定することで会話をさらにカスタマイズできます。

Siriでは、インターネットの情報を駆使して答えられるようになり、音声メッセージも扱えるようになります。

マップでは、新しい自転車の経路案内、EV用経路、厳選されたシティガイドにより、ナビゲートや探索がさらに簡単になります。 

ホームアプリケーションのさらなる改良、Safariにプライバシーレポートの機能、アクセシビリティ機能にヘッドフォン調整機能が追加など、多くの機能が搭載される予定です。

公式サイト