【ニュース】新型コロナウイルス対策支援のため、モビリティデータの提供を、Appleが開始

【ニュース】新型コロナウイルス対策支援のため、モビリティデータの提供を、Appleが開始

Appleマップのナビゲーションデータを集計し、都市、国や地域の移動傾向を提供

Appleは、新型コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大防止のため、世界各地の活動支援としてAppleマップによるモビリティデータの傾向を示すツールの提供を開始しました。

自治体や保健当局に有益な情報を提供するとともに、人々がコミュニティ内で徒歩や自動車、公共交通機関を利用して移動する量の変化を表示することにより、新たな公共政策の基盤として利用することが可能になるそうです。

AppleマップではモビリティデータとユーザーのApple IDとの関連付けは行われず、Appleはユーザーの移動先に関する履歴も保存しないため、プライバシーの保護も考慮されています。

Appleマップの使用状況を集計したデータを利用し、主要都市および63の国と地域の移動傾向の統計を取っているそうで、感染拡大防止のために活用できる内容となっています。

さらなる取り組みとして、世界中の医療従事者へ2000万枚以上のマスクを供給、寄付、フェイスシールドの設計と生産を行うとともに、週に100万枚のマスクを最も必要な地域に出荷しています。

Appleのアプリケーションおよびサービスの最近のアップデートでは、ユーザーがSiriやAppleマップを使って素早く簡単に必要な情報を見つけることができるようになりました。

濃厚接触の可能性を素早く検出するため、Appleは、Googleと共同でBluetooth技術を用いた取り組みを開始を発表しており、今後の感染拡大防止に貢献しています。

公式サイト