【ウラチェックレビュー】KiWi Q1 TWS Bluetooth スピーカー |超小型ながらも3Wの出力があるカラフルなBluetoothスピーカーの紹介

【ウラチェックレビュー】KiWi Q1 TWS Bluetooth スピーカー |超小型ながらも3Wの出力があるカラフルなBluetoothスピーカーの紹介

超小型ながらも3Wの出力があるカラフルなBluetoothスピーカーの紹介

わずか43.6gで、手のひらサイズのスピーカー

Bluetoothスピーカーは多々商品がありますが、イヤフォンと違って意外と選択肢は少ないように思います。スマートスピーカーの方が用途も多く使いやすそうに見えますが、実際に何を目的にするかで、最善なチョイスがあるように思います。

そんな中、ミニマムでもしっかりとスピーカーとして役立つ商品が、KiWi Q1 TWS Bluetooth スピーカーかもしれません。

防水機能や長時間再生の差別化が必要でないなら、コンパクトで持ち運びやすいものが便利でもあり、わざわざ大きなスピーカーを使う必要もなくなります。

手のひらサイズで軽量なスピーカーなので、いざという時にも役立ちますし、常に持ち歩いても苦にはならないかと思います。

北欧デザイン調でビビッドなカラー

アッシュグレー・オニキスブラック・ストロベリーレッド・ターコイズブルー・ローズピンクの5色のカラーバリエーションがあり、好みに応じてカラーが選べます。

北欧デザインということもありビビッドなカラーで、小さいスピーカーながらも存在感はしっかりとしています。

2台接続でステレオサウンドが可能

Bluetoothスピーカーということで、ちょっと便利な機能が、2台をペアリングしてステレオサウンドで音楽を楽しめます。

使用時に2台のKiWiをペアリングしておくことで、2台からそれぞれ音を流せます。

どちらからが親機となり、1台の子機を接続する方式ですので、親機とスマートフォンを接続すれば、子機からも音を流せる仕組みです。

モノラル音声ではなく、ステレオ音声になるので、コンパクトにステレオ環境が用意できます。

気軽に使える約8時間のロングライフバッテリー

満充電状態で約8時間の使用が可能となっており、普通に使う分にはまずバッテリー切れを気にすることは無いと思います。

イベントやショップでも十分に使用できるサイズと再生時間ですので、コンパクトに環境演出が可能です。

通信仕様Bluetooth 4.2
最大接続通信距離10m
バッテリー容量リチウムポリマー充電池 230 mAh
最大出力3W(2台使用 6W(3W+3W))
ホーンスペック4Ω 3W 1.2inch
再生周波数100Hz – 20,000Hz
音圧レベル83 db ± 2 db
対応ファイル形式MP3 WAV WMA
電源供給USB 5V /1A
外形寸法40 × 40 × 43mm
重量43.6 g
パッケージ内容KiWi Q1 TWS Bluetooth スピーカー本体/充電用 Micro USB ケーブル/ユーザーガイド/保証書

持ち運びに便利な手触りの良いストラップ

スピーカーにストラップがついているのはピンとこないですが、このサイズ感ではむしろ技アリなストラップで、カバンやバッグにつけておけます。

ストラップも本体色に合わせたカラーリングとなっており、調和の取れたデザインになっています。

壁のフックにつるしたりと今までのスピーカーの置き方では出来なかった置き方ができますので、音が聞こえやすい場所に手軽に置けます。

まとめ

★★★☆☆

ピンポン玉程度のサイズながらもしっかりとした音量が出せるBluetoothスピーカーです。

2台をBluetoothで接続することで、ステレオサウンドとして楽しめるので音楽をミニマムな機材で楽しむには効果的なスピーカーです。

公式サイト

オンラインストア