【ウラチェックレビュー】RAKUNI for iPhone 7/8(ラクニ)|背面フリップにカードを収納できる手帳型とは異なるアプローチのiPhoneケースの紹介

【ウラチェックレビュー】RAKUNI for iPhone 7/8(ラクニ)|背面フリップにカードを収納できる手帳型とは異なるアプローチのiPhoneケースの紹介

背面フリップにカードを収納できる手帳型とは異なるアプローチのiPhoneケースの紹介

背面フリップ型のiPhoneケース

iPhoneケースといえば、多くの種類があり、ザックリ分けると、手帳型と背面保護型の2種類になるかと思います。

筆者は手帳型はあまり好みではないのですが、その理由は「使用中にフラップが邪魔」「都度フラップを開かなくてはならない」「iPadのようにオートスリープにはならない」ということで、いまいち手帳型にメリットを見出せませんでした。

RAKUNIは、その問題を解消したケースとして新しいアプローチで手帳型の考え方に答えを出したケースです。

まず、特徴的なのはフラップを部分がiPhoneの背面に位置していること。

この位置にフラップがあることで、いちいちフラップを開いてiPhoneを使う必要もなく、カメラ撮影の際にフラップが邪魔になることもありません。この「使う時と使わない時の使い勝手を両立」したところがこのケースの最大の特徴です。

フリップ部分にはカードやメモを入れられ、ケース側には、カードが2枚入れられるようになっています。

iPhone 8でのワイヤレス充電の使用の際には、フラップ部分を広げた状態であれば、充電ができました。

なお、ICカードは磁気で悪影響を及ぼすので、取り外してから充電したほうが良いです。手間を考えれば、ケースから取り外して充電をするか、そもそもワイヤレス充電はしない、と割り切って考えたほうが良いです。

使い込むことで味の出る風合いの本革

ケース部分は、装着しやすいように、iPhoneの上下の部分は完全に保護されていませんので、ちょっと好みではないところがありますが、改善して欲しい気もします。

iPhoneのスクリーン側は、保護フィルムを貼ってしまえば問題ないので、気にする必要はありません。

本革を使っているので、使い込むことで風合いも出てきます。コレは合成皮革とは異なり、エイジングの楽しみも出てくるわけです。

重さも約40gなので、意外と重たく感じないのですが、フラップにカードを収納してしまうと重さを感じやすくなっていしまいますので、持ち歩くカードを選別することで、今まで気にしなかった無駄に持ち歩いていたものを整理するキッカケともなります。

スタンドとしても使用可能

フラップ部分は過度に開きっぱなしにはならないので、適度の開き具合で立て掛ければスタンドっぽく使えます。

問題はスタンドの向きはホームボタンが必ず右側に来るようになりますので、画面の回転方向によっては使いにくくなるので、回転機能ロックを解除した状態で使うのが良いです。

また、音量ボタンはスタンドっぽく使っているときにはボタンが押しにくくなるので、Bluetoothイヤフォンからの操作や、画面タップをしたほうが良いです。

フラップを閉じたままでも意外と自立しますので、そのまま立ててしまったほうが良いかと思います。

持ちやすいストラップが同梱

RAKUNIには、フラップ部分にストラップホールがついており、付属のストラップが取り付けられます。

フラップ自体はボタンで留めておけるので、ストラップでぶら下げても、フラップ自体が開いてしまうことはありません。

邪魔になりにくい位置にストラップが取り付けられるので、片手でiPhoneを使うときや、持ち歩くときに便利に使えます。

新しいiPhoneケースでは、多少デザインが代わり、キーホルダーのように使いやすい大きなリングが取り付いたデザインになっています。

多数のデザインバリエーション

フラップとケース側の各々のカラーを組み替えたバリエーションが多くあり、最新のiPhoneケースも用意されているので、iPhoneで手帳ケースを使われている人には良いと思われます。

カラーの取り合わせも、絶妙な取り合わせのデザインとなっており、男女問わず使えるケースかと思います。

まとめ

★★★★☆

素材にこだわりがあり、手帳型ケースとは逆の発想で、iPhoneを使う際にもフラップが邪魔にならない技アリケースです。

厚みが出てしまうのが難点ですが、その分、カードケースを持ち歩く必要もなくなります。

公式サイト

オンラインストア