【レビュー】NuAns BANDWIRE(ニュアンス)|使うときはケーブル、使わないときはコンパクトなバンドとして使えるLightning充電ケーブルの紹介

【レビュー】NuAns BANDWIRE(ニュアンス)|使うときはケーブル、使わないときはコンパクトなバンドとして使えるLightning充電ケーブルの紹介

使うときはケーブル、使わないときはコンパクトなバンドとして使えるLightning充電ケーブルの紹介

160mmのショートなライトニングケーブル

iPhoneやiPadを使っていて毎回困るのが充電問題。特に外出中だとなかなか充電できる場所にたどり着けなくて、結局モバイルバッテリーを持ち歩いたり、借りたりしてしまいます。

しかしさらに問題は、接続ケーブルを持っていないということがあったりと、結局コンビニで高いケーブルを買ってしまったりと、無駄遣いが増えてしまいます。

NuAns BANDWIREは、持ち運ぶ際にも使うときにもスタイリッシュなケーブルです。

160mmという長さはかなり短いかもしれませんが、実際あまりケーブルが長くてもケーブルが絡まるだけで、短いケーブルの方が使いやすいことが多いです。

特に外出時には他の荷物もあるので、いちいちケーブルに気を使うのもなんか違うような気もします。

細かい表面デザイン

一般的なケーブルと異なるのは、使わない時はキーホルダーのように何かにつなげておくことができる点。

そして外観にもこだわりを感じる細かな表面デザインで、無機質な通電機器にちょっと柔らかい雰囲気を醸し出すような加工がされています。

使うときと使わないときの形状

使うときにはケーブルを伸ばして使い、フラットケーブルのように機器を繋げられます。ポイントなのは、使わないときは端子の保護も兼ねた収納形状です。

キーホルダーやストラップのように留めておくことができるので、見た目と安全性を兼ねた収納形状になります。

スタイルに合わせた4色

スマートフォンの充電ケーブルは、白や黒といったように無機質なカラーで、味も素っ気もないデザインのものが多く、カラーのケーブルもただ色がついているだけだったりとどこかセンスに欠けるようなところがあります。

そう言った意味で、このカラーバリエーションは絶妙なチョイスなようにも思えます。

非常時に便利なケーブル

使うときにはケーブルとして、使わないときはキーホルダーとして使えるので、わざわざカバンの中にケーブルを投げ入れておく必要がなく、どこかにぶら下げておいて使うときにだけ使うと言った使い方ができるのが魅力。

やはりオンとオフのどちらでも成立するプロダクトとしてキッチリと存在が明確なところが良いです。

断線してしまいがちなケーブルが多い中、数年使っていますが、なんの問題もなく使えているところも推したいところです。

まとめ

★★★★☆

iPhoneの充電ケーブルとして使えながら、使わないときはキーボルダーと一緒に収納しておける技アリなライトニング充電ケーブルです。やはり、ただのケーブルっぽさだけにとどまらないところで、メカメカしい要素から抜き出ているところが良いです。

公式サイト

オンラインストア