【レビュー】MAMORIO FUDA(マモリオ フューダ)|貼り付けておけるまさしくお札(おふだ)というべき忘れ物タグの紹介

【レビュー】MAMORIO FUDA(マモリオ フューダ)|貼り付けておけるまさしくお札(おふだ)というべき忘れ物タグの紹介

貼り付けておけるまさしくお札(おふだ)というべき忘れ物タグの紹介

小型サイズの忘れ物タグ

忘れ物や落とし物をした時に、見つかる可能性は運次第なところもありますが、そんな状況になったとしても、ある程度の落とした場所がわかれば、手もとに戻ってくる可能性は上がります。

忘れ物タグは、Bluetoothとスマートフォンの専用アプリとの連携で忘れ物タグとスマートフォンが離れた時にアラートしてくれるガジェットです。

MAMORIO(マモリオ)は、日本のメーカーが開発した忘れ物タグで、国内では多くのユーザーのいる忘れ物タグです。

サイズは一般的な忘れ物タグの部類では、最小最軽量クラスで、MAMORIO FUDAは、お札のように貼り付けておける忘れ物タグです。

使いやすい貼り付けタイプ

よくある忘れ物タグは、ストラップとして結びつけておく製品が多く、忘れ物タグ事態を落としてしまうということもあります。

そのため、MAMORIO FUDAは、背面に接着テープを使っており、ストラップをつけておけない「財布」「パスポート」「ノートパソコン」などに貼り付けておくことができます。貼り付け強度もかなり強く布や凸凹した表面でなければ大体のものに貼り付けておけます。

なくさないためのアラート機能

スマートフォンの専用アプリと関連づけをしておけば、スマートフォンで手もとにあるかの確認ができます。

バックグラウンドで起動させておくことで、財布や鞄の置き忘れを防げます。Bluetoothで連携しているのですが、Bluetoothも省電力化が図られており、常に起動しておいてもさほどスマートフォンのバッテリーを消費する事はありません。

また、MAMORIOユーザーが起動している専用アプリとも情報共有をしており、なくしたときの的確な位置も他のユーザーの位置情報を利用して落とし物を探し出せます。

プライバシーに関わる点も、特許取得の技術により、個人情報が漏れてしまうこともありません。日本郵便や東京メトロ、JALと協業をしており、忘れ物スポットとしてトラッキングの手助けをしてくれますので、日本国内であれば、多くのユーザーとスポットで落とし物の発見をより見つけやすくできます。

お焚き上げで交換可能

小型サイズの秘密は、中身に小型のボタン電池を取り付けてあるので他の忘れ物タグよりもスモールサイズにできています。

ただし、電池交換はできないので、電池の寿命の約1年で使えなくなります。使い捨てではなく、「OTAKIAGE(お焚き上げ)」というサービスで交換用のMAMORIOを低価格で購入できます。

お焚き上げの手続きも専用アプリからすぐにできるので、アプリのアラートが表示されたら、お焚き上げをしてあげれば、数日で交換品が届きます。

交換用のMAMORIOは他の機種も選べるので、好みの商品に交換ができます。色々なカラーとモデルを選んでお焚き上げができます。

個性的なキャラクターコラボ

MAMORIO FUDAは黒と白の2種類がありますが、そのほかにキャラクターコラボ商品があります。

ディズニーキャラクターのプリントされたものや、スターウォーズのコラボ製品もあり、オリジナリティのあるデザインですので、気分や好みで色々なデザインが楽しめます。

携帯ゲーム機や大切なおもちゃなど、子供の持ち物に貼り付けておくなど利用シーンは多岐に渡るかと思います。

まとめ

★★★★☆

忘れ物タグとして国産メーカーでは、サポートもしっかりしている製品です。ストラップを結びつけるのではなく、粘着テープで貼り付けるタイプですので、財布や保険証、パスポートなどにもつけられる良さがあります。

公式サイト

オンラインストア