【ウラチェックレビュー】MAMORIO(マモリオ)| 国産メーカーで様々なサービスと連携した日本在住なら持っておきたい忘れ物タグの紹介

【ウラチェックレビュー】MAMORIO(マモリオ)| 国産メーカーで様々なサービスと連携した日本在住なら持っておきたい忘れ物タグの紹介

国産メーカーで様々なサービスと連携した日本在住なら持っておきたい忘れ物タグの紹介

忘れ物タグの中では最小クラス

忘れ物タグは、スマートフォンと連携していると、手元から忘れ物タグが離れたときにお知らせしてくれるガジェットです。

MAMORIO(マモリオ)は、お守りのようなデザインをしたタグで、同じような忘れ物タグの中では最小クラスのサイズと、わずか3gという重量で気軽に使えるタグになります。

ストラップホールも用意されているので、カバンや荷物にも結びつけておけます。この商品の他に「MAMORIO S」というさらに小型のものもあります。バッグやトランクだけでなく、子供や自動車などどこにいるのかを把握するために使うこともできます。

サイズ / 重さ 縦35.5mm×横19mm×厚さ3.5mm / 3g
電池 リチウム電池 / 約1年間 利用可能
(ご利用環境によって短くなる場合がございます。)

本体交換プログラムあり(有償)
保証期間 6ヶ月
通信方法 Bluetooth 4.0(Bluetooth Low Energy)
有効距離 約60m
価格 2,480円(税抜)
カラー Charcoal Black / Navy Blue / Milk Beige / Sakura Pink
付帯サービス MAMORIOあんしんプラン(任意加入 / 有償)

なくさないためのアラート機能

スマートフォンの専用アプリと関連づけをしておけば、スマートフォンで手もとにあるかの確認ができます。

バックグラウンドで起動させておくことで、財布や鞄の置き忘れを防げますBluetoothで連携しているのですが、Bluetoothも省電力化が図られており、常に起動しておいてもさほどスマートフォンのバッテリーを消費する事はありません。

「MAMORIO」自体も改良が加えられており、現在では第3世代のMAMORIOとなっています。

みんなで探す機能

MAMORIOの利点は、専用アプリを使用している他の人が自分の持つMAMORIOと情報を送信しているので、カバンや荷物を盗まれたり、落としたりしても周辺のユーザーのアプリと通信をしておおよその位置をトラッキングします。

これは自分以外のユーザーには、詳細な情報を送らず、位置情報を集約するために使用されており、特許取得の機能となります。情報漏洩の心配なく使用できます。

さまざまなサービスと連携

日本郵便や東京メトロ、JALと協業をしており、忘れ物スポットとしてトラッキングの手助けをしてくれますので、日本国内であれば、多くのユーザーとスポットで落とし物の発見をより見つけやすくできます。

お焚き上げで格安での買い替えも可能

小型サイズの秘密は、中身に小型のボタン電池を取り付けてあるので他の忘れ物タグよりもスモールサイズにできています。ただし、電池交換はできないので、電池の寿命の約1年で使えなくなります。

使い捨てではなく、「OTAKIAGE(お焚き上げ)」というサービスで交換用のMAMORIOを低価格で購入できます。

お焚き上げの手続きも専用アプリからすぐにできるので、アプリのアラートが表示されたら、お焚き上げをしてあげれば、数日で交換品が届きます。交換用のMAMORIOは他の機種も選べるので、好みの商品に交換ができます。

色々なカラーとモデルを選んでお焚き上げができます。

まとめ

★★★★☆

忘れ物タグの中では最小クラスのサイズで、薄くて使い勝手も良いです。カラーバリエーションもあり、用途や気分で色を選べて、デザインも良いです。難点はタグ自体からの音や振動でのお知らせがないところです。

公式サイト

オンラインストア