【ニュース】Apple TV+を、アップルが提供開始

【ニュース】Apple TV+を、アップルが提供開始

2019年11月1日より、Appleから新サービス「Apple TV+」のサービスが開始され、オリジナル作品が多数配信されます。

Apple TV+は、7日間の無料トライアルの後に月額600円(税込)のサブスクリプションに移行します。2019年9月10日以降にiPhone、iPad、Apple TV、Mac、iPod touchをお買い上げいただいたお客様は、Apple TV+を1年間体験いただけます。また、Apple Music 学生プランに登録している学生の皆さまは、Apple TVアプリケーションまたは tv.apple.com を通じてApple TV+を無料でお楽しみいただけます。

主な特長

  • 世界で最も想像力の豊かな才能たちが手がけた、ここでしか観られない、まったく新しいオリジナル番組、映画、ドキュメンタリー作品
  • iPhone、iPad、Apple TV、iPod touch、Mac、また一部のSamsung製スマートTV、Roku、Amazon Fire TV などの他社製デバイスで閲覧可能
  • 月額600円(税込)のサブスクリプション
    (※ただし、7日間の無料トライアル、2019年9月10日以降に対象商品を購入者には1年間の無料体験ができます。)

Apple オリジナル作品

「ザ?モーニングショー」

「SEE 〜暗闇の世界〜」

「フォー?オール?マンカインド」

「ザ?モーニングショー」「SEE 〜暗闇の世界〜」「フォー?オール?マンカインド」などがあり、いずれも最初の3エピソードと共に公開され、続きのエピソードは毎週金曜日に配信される予定

「ディキンスン 〜若き女性詩人の憂鬱〜」

「ディキンスン 〜若き女性詩人の憂鬱〜」や、ファミリー向けの「HELPSTERS 〜お助けモンスターズ〜」と「スヌーピー 〜宇宙への道〜」あるいは「ゴーストライター」のように、最初から全エピソードを観られる作品もあります。

「サーヴァント 〜ターナー家の子守〜」

「サーヴァント 〜ターナー家の子守〜」(11月28日公開予定)「真相 〜Truth Be Told〜」(12月6日公開予定)に加え「リトル?アメリカ」「ハラ」「The Banker」など、今後も続々と登場予定とされています。

公式サイト