【ウラチェックレビュー】Leef iBRIDGE 3〔リーフ ブリッジ3〕コンパクトな形状にiOS用外部ストレージの紹介

コンパクトな形状にiOS用外部ストレージの紹介

iOSで読み書きのできるUSBメモリ

iPhoneにはmicro USBポートのような外部にデータを転送する仕組みがありません。

ですが、Leef iBRIDGE 3はLightningポートを通じて外部にデータを取り出せるようになります。

もちろん読み込みも可能であり、今まで容量不足で削除をしていたデータも保存先を変えることで、削除しなくても済むようになります。

iPhoneで使う時にも邪魔にはならないデザイン

実際にiPhoneと接続する時には、Lightningコネクタに接続をして、専用アプリを起動するだけで、データの読み書きができます。

また、特長的な「J」の文字のような曲線デザインのため、iPhoneと接続している時にLeef iBRIDGE 3が邪魔にならないようになっています。

ただし、厚みのあるiPhoneケースを使っている時にはケースと干渉して接続が出来ないことがあります。

パソコンからのデータ移動も高速

Leef iBRIDGE 3は、片端Lightning、もう片端がUSBとなっているので、WindowsやMacに直接接続してデータの移動ができます。

移動したデータはiPhoneなどのiOSで閲覧ができるので、データの移動や閲覧に便利です。サイズも小型に作られているので持ち運びにも最適です。USB3.0なので高速にデータの読み書きができます。

持ち運びに便利なシリコンカバー

小型サイズで端子もむき出しですが、シリコン製のカバーが付属していますので、持ち運びの際には便利です。

他のデバイスを傷つけにくい状態で持ち運べるので、気軽にカバンに入れておけます。

ストラップホールが付いているので、キーホルダーにつけておくこともできます。

折れや破損に強いメタル筐体

メタル筐体なので、折れや曲げに強くシリコンカバーと併用することで、さらに安全にデータの持ち運びができます。

まとめ

★★★★☆
外部ストレージとしてmicroUSBが使えなかったiPhoneですが、専用アプリを使うことで、データの移動や読み書きができますので、写真や動画で容量が足りない状態でもデータを整理してiPhoneを快適に使えます。


公式サイト

Leef iPhone・iPad Lightning接続メモリ

オンラインストア

最新情報をチェックしよう