【ニュース】「血中酸素トラッキング」機能が、Garminの対象のウェアラブルデバイスへ対応

ガーミンジャパン株式会社)は、4月下旬以降に対象のウェアラブルデバイスで「血中酸素トラッキング」機能への対応をしています。

ランニングやゴルフ、サイクリングなど様々なアクティビティに対応したウェアラブルウォッチで、血液中に取り込まれた酸素レベルを測定することにより、より効果的にフィットネスのパフォーマンス向上やウェルネスライフのサポートに役立てられます。

Garmin製品、血中酸素トラッキングによる測定は、医療目的で使用されることを意図するものではなく、あくまで一般的なフィットネスとウェルネスの範囲で利用することを目的とするものです。血液中に取り込まれた酸素レベルを知ることは、疲労と回復のパラメータとなることで運動を続けるか休憩をとるかの判断を助けたり、パフォーマンスやフィットネスレベルの向上の基準にもできるという報告もあります。

赤色LEDライトと赤外線ライトを利用することで、血中ヘモグロビンのライトの吸収状態をデバイスの裏に備え付けられたセンサーで読み取り、血中酸素トラッキングデータをデバイスの画面上で表示します。

概要

血中酸素トラッキング対応機種

ForeAthlete 945/745/245シリーズ/VENU/VENU SQシリーズ/vivoactive 4/4Sシリーズ/Legacyシリーズ/vivomove 3/3Sシリーズ/vivomove Style/Luxeシリーズ/vivosmart 4/Approach S62/MARQ/fenix 6シリーズ/Quatix 6X/Enduroシリーズ/fenix 5X Plus/Instinct Dual Powerシリーズ/Descent Mk2/Mk2i/Lilyシリーズ

※ウェアラブルデバイスのソフトウェア更新が必要となります。
※対象機種については、下記URLよりご確認ください。

公式サイト

最新情報をチェックしよう
>ウラチェック〔kcehc.com〕

ウラチェック〔kcehc.com〕

ウラオモテなく、モノをレビューするサイトスマートフォン関連の商品や、面白そうなガジェットを紹介